筋肉痛が起こる理由

筋肉痛は通常よりも刺激の強い運動をした際に筋繊維が損傷し、炎症を起こす症状の事を言います。
激しい運動や刺激の強い運動とはどの程度の事を指すのかというと、身体に大きな負荷を掛ける運動をすると筋繊維が傷付くと言えます。
例えば、いつもよりも長い距離をウォーキングしたり長年やっていなかったスポーツを全力でプレイするといった運動内容です。

 

筋肉の痛みにも即発性筋痛と遅発性筋痛とに分類されます。一般的な筋肉の痛みは遅発性筋痛に分類されます。
遅発性筋痛は激しい運動をした数日後に筋肉の痛みを感じるという症状が出ます。
それに対して即発性筋痛は運動した直後や、体を動かしている最中に起こるのが特徴です。

 

治療方法は難しくはありません。血行不良にさえならなければ良いので患部を温めると最も良いです。
もしくは身体に負担を掛けない程度の運動をするという選択肢もあります。
例えば、ウォーキングなどは刺激の少ない運動なので筋肉の痛みを和らげる事が出来ます。
運動は加減が難しいので、温めて治す方が効果が見込めます。

 

筋肉痛の原因

筋肉痛の原因は、近年では筋繊維の損傷という説が有効視されています。
健康のために続けている運動やスポーツの中には筋繊維を傷付けやすい動きがあります。
それは、スクワットなどの筋肉を伸ばす運動です。筋肉を伸ばす運動は縮ませる運動よりもはるかに筋繊維を傷付けやすく、大きな負担を掛けてしまいます。

 

そしてその筋繊維の傷を治そうと身体が働くのですが、それが筋繊維を包む筋膜を刺激してしまうため痛みに繋がってしまうのです。この一連の流れが、症状の原因だとされています。
また、症状を悪化させるのは血行が悪くなる事です。血液の循環が損なわれると身体全体が酸素不足になります。そのため、血行不良だと筋肉の痛みを強く感じてしまうのです。

 

そもそも筋肉の痛みとは?

激しい運動や筋肉を伸ばす運動を行うと、筋繊維が傷付き痛みを発症するのが筋肉の痛みです。
筋繊維さえ傷付かなければどんなに激しく運動をしても筋肉が痛みを訴える事はありません。ここで重要なのは筋繊維です。

 

筋肉の痛みを引き起こす要因である筋繊維は筋肉ではないという事です。筋繊維は実は細胞なのです。
筋肉や筋組織を構成するとても細かい細胞なので、筋肉の痛みが起こっている時は細胞に傷が付いています。
筋肉に傷が付いている訳ではないので、過度な心配は不要ですが、なるべく早く治療する方が良いです。

 

手ごろな金額でダイエット出来ると評判のエクササイズコーチで筋力アップしてみませんか?

 

 

 

新店舗オープン情報
エクササイズコーチ天王寺店
エクササイズコーチ町田店
エクササイズコーチ広島店
エクササイズコーチ名古屋栄店
エクササイズコーチ八重洲店
エクササイズコーチ河原町オーパ店 11月1日オープン
エクササイズコーチリンクス梅田店 11月13日オープン
エクササイズコーチ吉祥寺店 11月27日オープン
エクササイズコーチ上野店 12月20日オープン
エクササイズコーチ立川店 12月27日オープン
エクササイズコーチ金山店 1月29日オープン
エクササイズコーチ新宿西口店 2月1日オープン
エクササイズコーチ池袋西口店 2月21日オープン
エクササイズコーチ自由が丘店 3月1日オープン
エクササイズコーチ名古屋東口店3月21日オープン
エクササイズコーチ柏店4月21日オープン
エクササイズコーチ恵比寿店4月28日オープン
エクササイズコーチ三宮店4月28日オープン